Sample Company

浮気調査は駐車場の利用券を押さえるべし

探偵事務所にはいろいろな調査依頼が寄せられますが、その中でも特に多いのがパートナーである威勢の素行調査、いわゆる浮気調査です。探偵が行う浮気調査は、入念な尾行や張込みなど時間も労力もかかるものですが、その調査能力はバツグンです。

ただし、調査にかかる期間が長ければ長いほど費用がかさんでしまいますから、探偵に浮気調査の依頼をするときはあらかじめ下調べをして怪しい動きをしそうな日時に目星をつけておき、調査対象の日数を絞り込むことが重要です。また、調査依頼をしてくる型の中には、早とちりをしてパートナーの浮気を疑ってしまい、調査の結果浮気の事実は見つからなかったというケースも少なくありません。パートナーの疑惑が晴れたのだから依頼料は安心賃ということになりますが、このお金は自分で調査をして白黒はっきりさせておけば必要のなかった出費です。探偵に依頼する前にまずは自分で浮気調査をして、真偽をしっかりと確かめておくことが重要です。今回は、素人でもできる浮気調査の方法について紹介します。

パートナーが浮気をしている場合、必ず浮気の事実がバレないようにする工作をしているものです。 相手がよほど迂闊な人間でない限り、直接的な証拠をつかむのは困難でしょう。

その場合は直接的な証拠ではなくても浮気をしていることが推測できるような証拠の収集が大切になります。 その数がどれだけ揃うかによってその後の結果が変わってくるのです。 離婚を請求する場合は不貞行為の証拠が複数回必要にもなります。何日かに渡って浮気調査を行わなければなりません。

領収書も浮気調査には重要

例えば、ホテルやレストランの領収書は浮気相手と利用したことを証明する証拠になりますが、相手が用心深ければ始末されてしまっている可能性が高い書類です。 そこで狙うべきなのが、駐車場の利用券です。 駐車場の利用券やレシートは、車内から回収してそのまま何気なく無意識の動作で上着のポケットなどに突っ込んでいることが多いので、ホテルやレストランの領収書などに比べて処分されてしまっている可能性が低いです。特に背広のポケットなどは改めのチェックしない限り気にしない人も多いので、帰宅後すぐにチェックすれば証拠を見つけられる可能性は十分にあります。

駐車場の利用券を押さえることができれば、行動範囲や行動時間をかなり絞り込むことが可能です。 パートナーが車で外出することが多い場合は特に有効な方法です。 ポケット以外にも車のダッシュボードやシートの隙間などに無造作に落ちていることもあるので、チャンスがあれば車内もチェックしておきましょう。

駐車場の利用券から行動範囲と時間が絞れれば、探偵に依頼する調査スケジュールを絞り込むことができるため、調査にかかる費用を安く抑えることが可能です。 闇雲に調査を依頼すると、それだけ無駄な調査時間ができてしまうということは頭に入れておいた方がよろしいです。

探偵も決して良心的なところばかりではないので、余計な費用を払ってしまわないように気を付けましょう。 本来のトラブルと探偵とのトラブルで二重のトラブルを抱えてしまったら目も当てられないことになります。

探偵に依頼する時は、焦らず、一度相談に行ってみる等、じっくりと吟味することが重要です。 しかも1社だけではなく何社かと相談してみて比較することも必要です。

そして、検討して依頼した以上は、その探偵を信頼してある程度任せてしまったほうがよいでしょう。 調査は必ずしもご自身の思うように進むわけではないので、個人的に気に入らないことを逐一伝えても結果が変わるわけではないからです。

トラブルになるだけですので余計なことにケチをつけるのは控えましょう。 明らかに探偵側が悪い、ということがない限りは、冷静に結果を待ち受けるべきなのです。